2013年01月31日

平成25年 節分祭

2月3日は出雲大社相模分祠「節分祭」です。

DSC_69891.jpg

まずは日馬富士関全勝優勝おめでとうございます!

今年も吉例により伊勢ヶ濱親方・横綱日馬富士関・安美錦関・宝富士関・誉富士関たち伊勢ヶ濱部屋の力士さんが豪快に豆まきを行う予定です!

福豆の中には豪華景品も当たる抽選くじも入っておりますので、今年も節分祭はぜひ、関東の出雲さんへ!

日程は下記参照↓

◎節分とは?
節分は、もともとは立春・立夏・立秋・立冬の四季の分かれ目を意味した言葉でありました。
ですが現在では、立春の前日だけを呼ぶようになりました。
これは二月の節分が、年の初めの前日、つまり一年の境であることと、気候が冬から春に移る時節であることから、特別な意味を持って考えられたからです。
古くは「せちぶん」と言いました。
節分豆といって煎った大豆を撒いて鬼を追い出し、厄払いをする風習は、中国から伝わってきたものです。
その後、宮中の行事であったものが民間に伝わり、現在では一般的に、一家の主人が年男になり、「福は内、鬼は外」と唱えながら豆を撒いていきます。
その後で自分の年の数だけ豆を拾って食べます。
これは昔、豆撒きが年取りの行事であった名残といわれています。

DSC_68411.jpg
(「立春大吉縁起」を背に挿し、祭典に臨む日馬富士関@平成24年)
 記

出雲大社相模分祠節分祭
 日 :平成25年2月3日
 時間:節分祭神事   午後 2:30〜
    豆まき     午後 3:30ごろ〜(数回に分けて行います)

※当日は大変な混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
※高齢の方並びにお子様へは最初に手配りも予定しております。
※豆まき最中は大変危険ですので、前の方を押したり絶対にしないでください。
 場合によっては豆まき自体を中止にする場合もございます。


※必ず公共の交通機関をご利用ください※
(車は止められません。また近隣路上への無断駐車は大変迷惑となりますのでおやめください)
 
関連記事
 ・出雲大社相模分祠への行き方


◎問い合わせ先
********************************
しあわせの「ごえんむすび」は関東の出雲さん
出雲大社相模分祠
〒257-0015 神奈川県秦野市平沢1221
電話:0463-81-1122
FAX:0463-82-1728
HP :http://www.izumosan.com/
********************************
いづもさんのつぶやきは @izumosan2 をフォロー!


お参りの代わりにぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

posted by いづもさん at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) |  - 祭典案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック