2011年12月27日

平成23年「一陽来福」

大変遅くなりましたが、相模分祠で頒布している金銀融通の縁起物「一陽来福」のご案内です。

DSC_0141.jpg

「一陽来福」は、冬至・大晦日・節分の内、都合の良い日の午前0時に、その年の恵方に向けて貼る縁起物です。

起源は江戸時代。
「一年を通してお金に困らないように」との願いを込め、民間の間で流行した「金銀融通」の縁起物です。

夏は「陽」であり、冬は「陰」。
冬至は冬の盛り。
つまり、「一陽来福」という言葉には、
「陰」が極まって「陽」に転ずるという意が込められています。

どうしてこのような筒型なのかというと……

正解はコチラ

まぁ、いつも受けられている方はご存知ですね!


出雲大社相模分祠 「一陽来福」

 頒布期間:平成22年12月22(冬至)〜 平成23年2月3日(節分)
 初穂料 :1体 500円


※一つ一つ手づくりで奉製しており、数に限りがあります。
 数がなくなり次第、頒布終了となりますのでご了承下さいませ。
※「縁起物」につき、お取り置きはできません。
※筒状の縁起物のため、中がつぶれてしまう可能性がありますので、郵送でのお申込はご遠慮いただいております。

ご希望の方は、「冬至」以降お早めに出雲大社相模分祠まで。


(「立春大吉縁起」についてはまたご案内致します)

◎問い合わせ先
********************************

しあわせの「ごえんむすび」は関東の出雲さん
出雲大社相模分祠
〒257-0015 神奈川県秦野市平沢1221
電話:0463-81-1122
FAX:0463-82-1728
HP :http://www.izumosan.com/

********************************

お参りの代わりにぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

posted by いづもさん at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック